ニュース

「日本史演習」で旧久邇宮邸を見学する特別授業を実施

史学科日本史コースでは、2024年6月11日に2年次生を対象とした「日本史演習Ⅰ(1)A」「日本史演習Ⅰ(1)B」で、本学キャンパス内にある重要文化財「旧久邇宮邸(通称パレス)」と大学史の展示室がある「車寄せ(通称クニハウス)」を見学する特別授業を実施しました。学生たちはクラスごとに分かれ、担当の教職員の解説を受けながら、2つの施設を見学、自分たちの通うキャンパスの歴史と大学の歴史を学びました。

パレスについては、「解説を聞かないと見落としてしまうようなことに気づけた」、「解説を聞くことでその意義がよくわかった」など、文化財としての価値をより深く理解できたとの感想がありました。大学史の展示では、大学が設立された頃、歴史上でも名前の出てくるダグラス?マッカーサーや吉田茂などの協力を得ていたことがわかる史料、第1回卒業生の緒方貞子さんや渡辺和子さんの写真など、当時の学生生活を伝える史料などをみて、自分たちとのつながりを感じたり、日本近現代史における聖心女子大学の位置づけについて考えたりしていました。

(史学科教授 土田宏成)

旧久邇宮邸の見学
旧久邇宮邸の見学
大学史展示室の見学